メインイメージ画像

不動産鑑定士はあらゆる不動産の鑑定評価を行うものです

きっかけの理由は人それぞれですが、ビジネス人として、さらにキャリアアップをしたい、今とは違う職種で活躍したい等、社会人として働く方が、さらに向上を考えた時に、最初に目標とするのが、新たな資格の取得です。今の仕事を続けていく上でも、専門的な資格を得ることで新たな分野へと自分の業務の裾野を広げていくことが可能ですし、全然異なる業界の資格であっても、視野を広げ大人として成長するためにも、資格の取得が無駄になることはありません。

資格に関係のある本は、世間に溢れていますし、注目の資格を整理して1つにした雑誌やムック本が、決まった期間毎に出版されていることでも、世間の人々の資格取得についての関心の高さが、垣間見られるのではないでしょうか。しかし、それさえ持っていると、と言われるような有意な資格は、やはりどれも必要とする勉強時間が長く、試験の難易度も高めになります。



例えば不動産鑑定士とは、全国でも取得者の少ない、非常に希少価値が高い資格です。不動産鑑定士の仕事は、周囲の環境や、法律、不動産の市場など様々な条件を考慮しつつ、住宅やマンションや店舗など、あらゆる不動産の鑑定、評価を行うというものです。不動産自体の価値というものや業界の動向に流されることなく、安定的に稼ぐことができるため、取得を目指す人も増えています。



資格を取得することによって、独立し企業勤めから開放されたいという人の中でも、不動産鑑定士は評判が高くなっています。不動産業界が男性のものであるというイメージは、一般的です。しかし不動産鑑定士は、女性が持っていても有効に活用できる資格となっています。

不動産鑑定士は、PCひとつあれば独立して開業することが可能なので、子どもを持つ女性でも働きやすいのです。また不動産の鑑定評価という不動産鑑定士の主要な仕事には、女性らしい細やかな感性が生かされる場面が多々存在しているため、クライアント側からも女性の不動産鑑定士の評価は上がっています。不動産鑑定士の獲得は、簡単なものではありませんが、一度とってしまえば、一生の仕事にできるという点が、一番の人気の理由なのではないでしょうか。

更新情報